読書・ねこ・時代劇など好きなものと日々のこと。
魁!!ねこ侍!
プロフィール

魚子

Author:魚子
中野在住。
ねこと鳥と魚と植木と暮らしています。
コメントいただけるととっても嬉しいです♪
ブログやHPお持ちの方は、貼っていただけたら遊びに行きやすいです(^o^)丿

ひっそりランキングに参加中★↓ぽち☆してみてね♪
にほんブログ村 猫ブログ シンガプーラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

最近の記事
(○'ー'○)ノ☆☆goods☆☆
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20061025]

立ち読みの真髄、それは「お金を出して買わない本の内容を確認すること!!」

私の行きつけの本屋さんだけの特徴なのでしょうか??
ドキュメンタリーコーナーに近頃目立つのは援助交際をしていた私ネタ。
暗澹たる気持ちになるも、レッツ立ち読み!!
何冊かあるうち、殆ど立ち読み。だって字が大きいんだもん。
流れとしては、
①好奇心、もしくは金品欲しさに援助交際→深みにはまり、乱れた生活を送る→好きな人に振られる、もしくは金ヅルにされる→更に深みにはまる→何かの拍子にこのままではいけないと立ち直り、今に至る
②好奇心、もしくは金品欲しさに援助交際→自分の価値を金に置き換える→何がしかのトラウマの露呈→好きな人が出来たりして価値感に変化→傷つきながらも立ち直り、今に至る
の2パターン。
そこにセックス依存症が絡んできたり、シャブ等の薬物がスパイス効かせてたりします。
なんだかなぁ。
一つ一つは衝撃的な内容だけども、多すぎてパターンが出来てくると、
結局みんな、同じ理由で同じことしてるんだなっていう感想しかもてない。
自分の価値を確認するためって、だからっておっさんとやることないんじゃないかっていう・・・。そこがよく分からなくて、「お小遣い欲しかっただけなんじゃないの?!」って思ってしまう。(まぁ分かりたくもないけど)
小理屈こねるより、「ヴィトンのバッグ欲しいんだもん!」とか言ってくれたほうがいっそ気持ちがいい。第一、そんな暗い理由で安く体を売られちゃあ、本気でお金を稼ぎたい他の女の子や、生業としている人に迷惑がかかるからやめなさい。
同じ体を使うなら、工事現場で働くなどしましょう。お給料日に頂いたお給料があなたの価値です。援助交際が当たり前になり、値崩れを起こして価格破壊が始まってから、トラウマ系の小理屈をこねる女子中高生が増えてきたように思う。
(立ち読み週刊誌等による調査の結果)
「私が安いのはお金が欲しいからじゃないの。私は私の価値をお金に換算して確認してるんだ」っていう割にはおっさんとのセックス描写は微に入り、細を穿つ。エロ小説もびっくり!
だからー、何だか本にするってことに小遣い稼ぎの匂いがしちゃうんだよね。
私、おじさんじゃないからお小遣いあげないよ。
という気持ちいっぱいで援交本を棚にそっと戻しました。
第一読み終わっちゃったし。

一言彼女たちに言いたい!!告白するならペンネームとか使うな!
正々堂々と顔写真を載せて本名で勝負しろ!
なぜならそのほとんどが「反省文」的な趣旨で書かれているから。
こんなお粗末な反省文が巷に並んだって、「私がやりました」じゃなきゃ意味ないんじゃない?
それをあなたの愛する彼や友達や家族に晒から、本にするんじゃないの?
「匿名で援交ネタで本とか出してお小遣いもらっちゃった♪」じゃあ反省になんねえだろうが!
半端な真似すんじゃないよ!!

スポンサーサイト


2006-10-25(Wed) 23:12 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20061025]

悠さんカッコイイーーー!!!

男だったらこうありたいね。
そう女に思わせる男、それが悠さん!

NHKのドラマでは佐藤浩市が演じていました。
うーむ。。。やりおるな。グッドチョイスである。

地方新聞社に勤務する悠木は、部下を亡くした過去を持ち、遊軍記者として紙面を作っている。
そんな折、地元群馬に日航ジャンボ機墜落の報が。
地元で起こった世界最大の事故に沸き、うろたえ、混乱する新聞社。
その事件記事の責任者を任ぜられた悠木。
嫉妬、名誉欲、報道に対する熱い想い。
渦巻く男たちの感情。
その中で悠木はどのような決断をし、行動するのか。

横山秀夫先生の人物描写は秀逸である。
大人になるほどそれがよく分かる。
「ああ!こいつのこんなところ、あいつにそっくりだ!!」
なんてことがままあります。
とくに嫌な奴の描き方ときたらため息が出るほど。
「クライマーズ・ハイ」では、ワンマン社長もムカつくけど、伊藤がいい味出してます。
横山先生の過去に何があったのか。モデルはいるのでしょうか。作品毎に「殴るぞ、この野郎!」と、拳を固めてしまう人物が登場します。
それもまた横山作品の味わいの一つ。(かも。)

そんな嫌な奴らに横槍を入れられながら、がんばる孤高の記者、悠さん。
何かを抱えて初めて味わう悔しさ、己のふがいなさに奥歯を噛み締める悠さん。

生きているなら、こんな気持ちを味わってみたい。
このまま何かを強く思うことなく、何かを勝ち取る喜びや、失望や絶望すら味わうことなく一生を終えるとしたら?
ぞっとする。
どうせ生きていくなら、奥歯をぎゅっと噛み締めてみたい!!!

「何のために登るんだ?」悠木が墜落事件当日、共に衝立岩に登る筈だった安西に問いかけた答えは「降りるために登るのだ」でした。
未だ何かに登ったことも、登ろうと手を掛けたこともない私には、この言葉、深く刺さりました。

奥歯を噛み締め、やがて快哉を叫ぶために、今、山を登り始めようと思います。


クライマーズ・ハイ クライマーズ・ハイ
横山 秀夫 (2006/06)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


2006-10-25(Wed) 22:13 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
HOME
copyright © 2005 魚子 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ねことゆかいななかま
a-tyan3.jpg
アッシュくん(本名 アスラン)
シンガプーラ男子
杉並区出身

DSC01047_convert_20090408025021.jpg
ちぃちゃん(本名 カシス)
シンガプーラ女子
世田谷区出身

DSC01026_convert_20090408025125.jpg
まおちゃん
三毛猫女子
中野区出身
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
★メールはこちら★

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


100%猫。(猫親戚探し)
100%猫
読んだ本☆.。.:*・゚好きな本
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。