読書・ねこ・時代劇など好きなものと日々のこと。
魁!!ねこ侍!
プロフィール

魚子

Author:魚子
中野在住。
ねこと鳥と魚と植木と暮らしています。
コメントいただけるととっても嬉しいです♪
ブログやHPお持ちの方は、貼っていただけたら遊びに行きやすいです(^o^)丿

ひっそりランキングに参加中★↓ぽち☆してみてね♪
にほんブログ村 猫ブログ シンガプーラへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

最近の記事
(○'ー'○)ノ☆☆goods☆☆
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20071104]

恐ろしい小説を書く人だ、と今思う。

角田光代を初めて読んだ時は、ほのぼのとした日常の中に起こるさざなみを描くのが上手だ、と思ったのだが。

この人の小説の良さは、ちょっとしたエピソードや、会話が、思わず噴き出すほど面白いということだろう。
私は最初そこにはまった。
間がぬけているのに、当事者たち大真面目だったりする。
そして、なんとなく物語りは進んでいく。
何かが大きく変わることもなく、大きな事件が起こることもなく。

特に私は短編集がお気に入りだった。
長編は何だか食指が伸びず、短編集ばかり探して読み漁った。
さて、次はどんな物語が始まるのだろう、と、静かに胸を高鳴らせた。
が、
短編集をあらかた読み尽くし、手に取った中篇、「庭の桜、隣の犬」で、分かってしまった。
長編に手が伸びなかった理由が。

重たいのだ。

それはもう少し前に「空中庭園」を読んだ時に何となく感じていたのだと思う。
だから無意識に避けていたのかも知れない。

その後、「対岸の彼女」を読み、今しがた「三面記事小説」を読み終えたところで確信した。

恐い!
角田光代の小説は恐い!

角田光代の小説の全ては、「ここではないどこか」に焦がれる物語である。
過去だったり、どこかで違えてしまった在るはずの現在だったり。
見ているのは、決して未来ではない。
もう戻れない、もう決して手に入らない、そんな場所を見つめて途方に暮れた人々の物語なのだ。

笑ってしまうような会話、どこかピントがずれたような人々。
そういうオブラートに包んですら、恐ろしい。
オブラートの質がいいので、そんなことに最近気付いた私。

「ここではないどこか」を思わない人なんて少ないのではないだろうか。
しかし、ちらりと横目で見て、見ないふりをして暮らしていく。
そうでなければ、どうなってしまうんだろうという恐怖が私にはある。
立ち止まって直視してしまったら、きっともう戻る事はできなくなるような気がしている。
「ここではないどこか」
そこは、懐かしくて、暖かくて、愛しい完璧な場所。
だけど、蜃気楼のような場所なのだと知っている。
だから、そこを見てしまうことは、そこに向かってしまうことは、今いる現実を全て放棄してしまうことなのではないかと、恐ろしく思う。

さて、オブラートを取り去った「三面記事小説」の読後感は、石を飲み込んだように重いです。
「対岸の彼女」も、唯川恵系かと思ってたらとんでもなかった。
(直木賞だし・・・最近アンチ直木賞
最初はやっぱり短編(「トリップ」辺り)集、長いのがよければ、「桜の庭~」「空中庭園」辺りからがお勧め★
私は、「八日目の蝉」が読みたいけど、ちょっと消化するまで待ってって感じかな



空中庭園空中庭園
(2005/07/08)
角田 光代

商品詳細を見る

庭の桜、隣の犬 (講談社文庫)庭の桜、隣の犬 (講談社文庫)
(2007/09/14)
角田 光代

商品詳細を見る

だれかのいとしいひと (文春文庫)だれかのいとしいひと (文春文庫)
(2004/05)
角田 光代

商品詳細を見る
トリップ (光文社文庫)トリップ (光文社文庫)
(2007/02/08)
角田 光代

商品詳細を見る

三面記事小説三面記事小説
(2007/09)
角田 光代

商品詳細を見る

対岸の彼女 (文春文庫 か 32-5)対岸の彼女 (文春文庫 か 32-5)
(2007/10)
角田 光代

商品詳細を見る




2007-11-04(Sun) 04:20 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

http://maochan2006.blog76.fc2.com/tb.php/27-7a21953c
HOME
copyright © 2005 魚子 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ねことゆかいななかま
a-tyan3.jpg
アッシュくん(本名 アスラン)
シンガプーラ男子
杉並区出身

DSC01047_convert_20090408025021.jpg
ちぃちゃん(本名 カシス)
シンガプーラ女子
世田谷区出身

DSC01026_convert_20090408025125.jpg
まおちゃん
三毛猫女子
中野区出身
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
★メールはこちら★

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア


100%猫。(猫親戚探し)
100%猫
読んだ本☆.。.:*・゚好きな本
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。